夕食をベースブレッドにした効果とは!?実際に試してみたレビューと感想

夕食のバランスが気になるけど、何を食べたらいいかわからない…

そんな悩みを抱える方、多いのではないでしょうか?

現代の忙しい生活の中で、手軽に健康的な食事を取ることは難しいと感じます。

毎日仕事や家事に追われて、夕食の準備に時間をかける余裕なんてほとんどないのに、なんとか頑張ってやっている

そんな声も聞こえてきそうです。特に健康を意識した食事は、なおさら手間がかかると思われがち。

  • 調理の時間すらもったいない
  • 調理の時間を自分の自由時間に使いたい

と思うこともあります。

そのため、ついつい簡単に済ませられるファストフードやインスタント食品に手を伸ばしてしまうことも。しかし、これでは栄養バランスが崩れてしまい、健康に悪影響を与えてしまう可能性があります。

そんなことを考えていた時に見つけたのがベースブレッド。

ベースブレッドを活用した夕食の置き換えてみたところ、手軽に栄養バランスの取れた食事を実現することができ、忙しい方にもぴったりの選択肢であることがわかりました。

本記事では、実際に夕食をベースブレッドにしてみた時の感想を中心に、ベースブレッドの魅力について紹介します。

ベースブレッドは、低糖質で高タンパク、さらにビタミンやミネラルも豊富に含まれています。そのため、栄養バランスが崩れがちな夕食を手軽に改善することができます。

特に、現代人に不足しがちな栄養素を補うことができる点が大きな魅力。

ベースブレッドを毎日の食生活に適切に取り入れることで、忙しい毎日でも無理なく健康を維持できます。

ぜひ、最後までお読みいただき、ベースブレッドを賢く活用するためのヒントを見つけてください。

目次

実際に夕食をベースブレッドに置きかえた感想

  • ベースブレッドはそのまま食べても美味しいですが、トーストしたほうがより美味しく香ばしくなるので、すべて焼いています。(たまに焼きすぎて焦げていますが……)
  • 摂取カロリーと消費カロリーは、健康管理アプリ「カロミル」を使用して算出しています。
1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目
朝食小倉トースト
甘夏
ヨーグルト
玄米ご飯
納豆
椎茸の含め煮
小倉トースト
甘夏
ヨーグルト
玄米ご飯
納豆
蓮根の金平
玄米ご飯
納豆
切干大根煮
小倉トースト
甘夏
ヨーグルト
玄米ご飯
納豆
ひじき豆
昼食会社の仕出し弁当会社の仕出し弁当会社の仕出し弁当会社の仕出し弁当会社の仕出し弁当パスコ 3種のチーズ
第一パン 炙りチャーシューてりマヨ
パスコ なごやんみたいなパン
喫茶店風マルゲリータとピザトースト
プロテインバー
夕食チョコレート(1袋)
レーズン(1/2袋)
カフェオレ
リッチ(1袋)
レーズン(1/2袋)
カフェオレ
プレーン(1袋)
メープル(1袋)
カフェオレ
チョコレート(1袋)
プレーン(1/2袋)
カフェオレ
プレーン(1袋)
シナモン(1袋)
カフェオレ
レーズン(1袋)
プレーン(1/2袋)
カフェオレ
プレーン(1袋)
シナモン(1袋)
カフェオレ
備考イベントスタッフスポーツイベント

1食分2袋は成人男性が1日に必要なカロリー2,200kcalを基に計算されています。しかし小柄な50代女性である私の場合、それではカロリーオーバーになってしまうため、1日の消費カロリーと摂取カロリーを考えながら食べる量を調整しています。

基本的に平日の昼食は会社で提供される仕出し弁当。

カフェオレは、カフェインレスのカフェベースをメグミルクのすっきりCa鉄で割っています。

夕食をベースブレッドにしたことによる体の変化

朝食をベースブレッドにしたときは、体に変化を感じることはありませんでしたが、夕食をベースブレッドにしたところ、便通が改善されましたような気がします

これは、朝食はベースブレッド1袋ですが、夕食に取り入れるに当たり、1袋半~2袋に増量したことによる食物繊維の効果ではないかと考えています。

カロミルで消費カロリーと摂取カロリーを見ながら、夕食としてベースブレッドを何個食べれば良いのかを調整することができたため、1週間のお試しで体重が少し減少しました。

てるりん

体が少し軽くなったおかげで、スポーツの試合でいつもより体がよく動かせたような気がしました。

最大のメリット!買い物時間と調理時間の時短!

朝食は割と決まったパターンが多いこともあり、献立を考える必要はあまりありません。

一方で夕食は、パターンがあるとはいえ、朝食ほど固定されてはいません。毎回メニューを変えるのが一般的ではないでしょうか。

夕食をベースブレッドに固定してしまうことで、メニューを考えなければならない煩わしさから開放されますし、何よりも調理いらず、買い物いらず

食材を買いに行った時に、ついつい余計なものを買ってしまうという無駄遣いがなくなりました。

てるりん

買い物回数が減ることは、お財布にも優しいこと。

買い物時間と調理時間の短縮は、朝食をベースブレッドに置きかえたときよりも、その効果は大きかったです。

夕食置きかえにデメリットはあるのか?

デメリットと言いますか、減量中アルアルのことかもしれませんが、

土日にご褒美に甘いものを食べていたのを我慢してしまったため、ストレスが溜まってしまった!

ということでしょうか。

今回は我慢しましたが、普段は土日にご褒美として好きなものを食べることにしています。もちろん、摂取量はある程度気にしながらです。

てるりん

無理をしないことが、継続のコツ。

ベースブレッドが夕食の置きかえに良いと思った理由

公式では朝食の置きかえを進めていたこともあり、まずは朝食の置きかえをしてみました。

夕食での栄養バランスの調節が以前より簡単になったとはいえ、昼食の内容によっては難しい場合もあります。

私は以下の点から夕食の置きかえの方が向いているのではないかと考え、夕食の置きかえも試してみました。

  • 買い物時間が節約できる
  • 調理時間が節約できる
  • 夕食のほうが食べる量の調節がしやすいかも?
てるりん

実践してみたところ、買い物時間と調理時間の節約で、約1時間もの自由時間ができました。

個々人のライフスタイルにもよると思いますが、私は朝食よりも夕食を置きかえたほうが、ベースブレッドの良さが活きました。

買い物時間が節約できる

仕事で疲れてくたくたになった状態でスーパーに行くのは危険が伴います。

  • 購入しすぎる危険
  • ついつい高カロリーのものを選んでしまう危険
  • スーパーをうろつきまわって時間を浪費してしまう危険

ベースブレッドをまとめ買いしておき、家に常備しておけば、買い物に行く必要はなくなります。

買い物をしなくなることにより、

  • 余計なものを購入しない
  • 時間が無駄にならない

というメリットが生まれます。

時間に追われる忙しい毎日を送る人にとって、時間的にも、お財布的にもとてもありがたい効果です。

調理時間が節約できる

袋を開けてそのまま食べてもいいですし、軽くレンジで温めても、トーストで焼いても美味しく食べられます。

鍋やフライパンを出して調理する必要なんて全くなし。

家に帰って、ベースブレッドの袋を開けてそのまま食べれば、調理時間ゼロです。

夕食のほうが食べる量を調節しやすい

昼食に何を食べるのか、あらかじめ分かっているときもあれば、そうでないときもあります。

思ったより少なかったり、思ったより多かったり、その時々でカロリーが変わります。

朝食をベースブレッドにしたときは、夕食のメニューで調節するのは難しかったです。しかし夕食をベースブレッドにすると、食べるベースブレッドの量を1袋半~2袋で簡単に調節できました。

1袋1個入りのものと、1袋2個入りのものを組み合わせることで、調節は簡単にできました!

最後に

ベースブレッドを夕食に置きかえることで、健康的な食生活を手軽に実現することができました。

栄養バランスが整うだけでなく、時間も節約できるので、日々の生活にゆとりが生まれました。

てるりん

趣味に当てる時間が増えたことは、何よりも嬉しいですね。趣味の時間は、精神の健康になくてはならないもの。

ぜひ、あなたもベースブレッドを取り入れて、健康的な生活を手に入れましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次